眠りはじめの90分を死守せよ!【黄金の90分】

この記事は約3分で読めます。

睡眠中はノンレム睡眠とレム睡眠を、ある一定の周期で繰り返します。それは知っている人が多いでしょうけど、どちらが深い眠りなのかは、知らない人が多いと思います。

もっとも深く長い眠りは、寝はじめの90分間に訪れる、ノンレム睡眠の一部にしか現れません。この90分間は「黄金の90分」と呼ばれます。

つまり……寝始めの90分をいかに阻害しないかで、睡眠の質は決定されるのです。

スポンサーリンク

眠りはじめの90分を死守せよ!

入眠後のノンレム睡眠とレム睡眠が、どのように変化するのか……。知るにはグラフが最も確実でしょう。

入眠後のノンレム睡眠とレム睡眠の睡眠深度の変移
https://ida-japan.co.jp/health_care.html

まずノンレム睡眠が訪れ、最も長く深い眠りに入ります。この状態は多少揺すっても起きないくらいで、脳や体の休息に最も尽力している時間となります。

レム睡眠は脳が起きていて体は眠っている状態。情報(記憶)の整理に尽力しているタイミングです。

睡眠の質を決めるといわれる「黄金の90分」とは、眠り始めから訪れるノンレム睡眠のこと。

黄金の90分は眠り始めに訪れる
黄金の90分は眠り始めに訪れる

ここをいかにして”邪魔しないか”が、睡眠の質を決定づけます。

眠りを邪魔する要素を理解し、排除する

黄金の90分は最も眠りが深く、そう簡単に起きない状態ではあります。でも些細なことが、邪魔に繋がることもあります。

外の音だったり、人工光だったり、スマホの通知音だったり、掛け布団の重さだったり、マットレスの硬さだったり、室温だったり、寝間着の着心地だったり──などなど。

体が触れる・聴く全てが、眠りを邪魔する要素となります。

これら全てを排除することは難しいですが、改善することは比較的簡単といえます。

遮音するなら、イヤホン・ヘッドホンに耳栓などがあります。室内は真っ暗にできても外が明るいなら、遮光カーテンを利用しましょう。

寝間着や寝具にはこだわるべきです。肌に違和感ない物を選ぶことで、快適な睡眠を過ごしやすくなります。暑い夏や寒い冬でも、冷暖房でベストな室温を保つことができます。

睡眠の質を高めるには環境整備が重要

眠りを妨げない環境とは、静かで暗い空間が継続し、不快感を覚えない室温と湿度が重要となります。

これを”何もせずに”実現する地方は、存在しないといっていいでしょう。季節ごとに移り住むなら別ですが……。

今は快適な睡眠を過ごせる様々なアイテムが選べるため、どれが自分にとって必要なのかを、精査することが大事です。全然関係ない物を選ぶと、ただの損失ですからね。

どれから手をつけるべきか……。それは環境にもよりますが、やはり”寝付きの良さ”を追求するため、体に触れる物から見直すべきだと思います。

寝具を選ぶなら「西川公式オンラインショップ」がおすすめ!

西川公式オンラインショップは、寝具のセット売りが魅力です。

古くから寝具を取り扱っており、株式会社として設立してからは、寝具やインテリア商品を主軸に、顧客へ快適な眠りを提供することを信念としています。

枕・掛け布団・マットレスの寝具3点セットは、神器みたいなもの。HPでは、寝具の何から見直すべきかを、質問することもできます。

https://shop.nishikawa1566.com/shop/default.aspx

ハイパフォーマンスの高年収ほど、寝具の心地よさを追求しています。眠りの質が休息に与える効果を理解しているからですね。

眠れない理由に、まず外的環境をあげることが多いと思いますが、寝具を快適にすることで得られる”安心感”は、何よりも大事だといえるでしょう。

IDA|新型コロナウィルス対策 健康管理の為に

コメント