「最高の寝室」の考え方

「最高の寝室」の考え方
この記事は約2分で読めます。

最高の寝室とは、ただ寝るためだけの部屋を整えること。

ひとつ問題があって、リビングや自室とは別に部屋を用意するのが理想。そのため、日本の住宅事情で実現するのは、高価格帯でも一部といえます。

でも寝室というのは、簡単な工夫と意識改革で創り上げることができます。

スポンサーリンク

最高の寝室とは眠るだけの部屋を用意すること

睡眠は非常にデリケートで、寝ている最中の刺激から身を守る必要があります。

それは「光」や「音」だけでなく、”寝ながら”の行動(作業)を防ぐ必要もあります。テレビを置くのは愚問で、スマートフォンなど不意の通知が来る物も持ち運ばないのが望ましい。

……あれ?もしかして最高の寝室は、考え方を変えるだけで実現できるのでは?

日本の狭い住宅事情で「寝室別」は難しいのでは?

日本国内で「生活空間と寝室が別」を実現するのは、無駄に広い住宅を選ぶ必要があるため、高価格帯でも豪邸レベルになってしまいます。

”寝室別”は確かに理想ですが、工夫と意識改革でどうにでもなります。

テレビは点けなければいいし、スマホは電源なり通知をオフにすればいい。光は遮光カーテンで遮れるし、音はノイズキャンセリングのイヤホンでかきけしてしまうか、耳栓を利用すればいい。

必ずしも”海の向こう”を理想にする必要はありません。

「生活空間と物理的に切り離す」の考えなら、押入れやクローゼットを選択するのもアリ。狭く暗い環境がなぜか落ち着くと、子供の頃に経験した人もいるのではないでしょうか。

狭いなりに最高の空間を作り上げるには、寝ている自分を邪魔する存在から切り離す考えが必要です。

最高の寝室を形成するのは、妨げる物を排除すればいいだけ

最高の寝室は、ただ眠るだけの部屋を作り上げることです。

日本の住宅事情でそれは難しいため、こう考えましょう……。ベッド周辺に睡眠を邪魔する存在を持ち込まないようにする、と。

10畳以下のワンルームだと、それも困難になるかもしれません。でも物理的に切り離す考えより、手元から離すことで解決します。

例えばスマホをトイレか浴室に置いて、寝ている最中は絶対に手に取れないようにする、とかね。特にスマホは音だけじゃなく、通知で画面が光ったりするため、睡眠中の刺激物になりえます。

最高の寝室を形成するのは、自身の意識改革や物の配置も重要ですが、寝ている状態に違和感を感じない寝具と寝間着を求めるのも大事です。

コメント