睡眠の質に「鼻」が影響するんだって

睡眠の質に「鼻」が影響するんだって
この記事は約2分で読めます。

睡眠中の鼻づまりが睡眠障害を引き起こし、質を低下する可能性があることを、詳しく書いている記事があります。

……いわれてみれば「せやな」というしかない。

スポンサーリンク

鼻づまりが睡眠の質を低下させるのは呼吸が関係している

人間は鼻と口から呼吸しますが、ベストなのは鼻呼吸。

子供の頃から口呼吸がクセになっていると、歯並びに影響するといわれるし、口内が乾燥しやすく風邪をひきやすくなります。

しかし、世には慢性的な鼻炎だったり花粉症で口呼吸せざるをえない人もいます。

じゃあどのように解決すべきか──が主題。

睡眠の質に「鼻」が影響! 医師が教える鼻洗いで改善を
睡眠中に起きる鼻づまりが睡眠障害を引き起こし、睡眠の質を低下させていることはあまり知られていない。花粉症シーズンにだるさや眠気を感じるという人は、鼻づまりの改善に取り組んでみよう。『鼻専門医が教える 「熟睡」を手にする最高の方法』が話題の黄川田徹さんに聞いた。

鼻づまりは鼻洗浄で対応できる

花粉症は鼻腔(鼻の穴)の粘膜に花粉がつくことで、アレルギー反応を起こすことが原因。

簡単に考えると、鼻腔にある花粉を洗い流せば解決するわけです。

花粉症対策には薬がありますけど、就寝前は鼻洗浄(鼻うがい)をして、花粉を全て取り除くと、通りがよくなります。

鼻うがいはドラッグストアで洗浄機が販売されているし、生理食塩水を自作することで代用することもできます。

生理食塩水を使うメリットは、鼻がツーンとしにくいこと。

冷たすぎる・熱すぎる水でやると、鼻の粘膜を壊してしまう可能性があります。体温と同じくらいのぬるま湯でやればマシですが、水道水をそのまま使うと、成分が刺激になってしまいます。

ノズル式は”吸い込む”必要がないので便利ですね。

鼻毛の切りすぎは要注意!

鼻毛は鼻腔に入る不純物を濾過する役割があります。

鼻毛を整えることもマナーとなっていますが、切りすぎには要注意。

根本から切るのではなく、穴からハミ出る物を切り取っているだけのほうが、鼻腔内の保護性能が高まります。鼻毛はムダ毛じゃないのです。

風邪をひきやすかったり、花粉症がひどい場合は、鼻毛を養生してみるのはどうでしょう?

花粉症の方は家に帰ってからが勝負どころ。

洋服や髪にも花粉はついているため、寝室にそれらを持ち込まない心配りが大切です。まずは風呂かシャワーで洗い流し、鼻洗浄をしてクリアにしましょう。

室内は窓を締め切っていれば安心ですが、空気清浄機を使うことでも対処できます。

コメント