入眠を助けてくれるアイテム7選

入眠を助けてくれるアイテム7選
この記事は約3分で読めます。

寝付きが悪いと実感しているなら、入眠を助けてくれるアイテムに頼るのも手です。

ポイントは「心のリラックスになること」です。

スポンサーリンク

入眠を助けてくれるアイテム7選

  1. アロマ(香り)
  2. 音(ホワイトノイズ)
  3. マットレス
  4. 空気(空気清浄機)
  5. パジャマ(寝間着)
  6. 光を遮断する

それぞれの効果について、簡単ながら説明します。

アロマやホワイトノイズによるリラックス効果に期待

香りや音にはリラックス効果があります。

アロマは心を落ち着ける作用があるし、眠りの質を高めてくれるとの研究結果もあります。安眠効果の代表は「ラベンダー」ですね。

香りで眠りを改善 快眠効果を実証 久留米大研究グループ
久留米大学(福岡県久留米市)の内村直尚学長(医学部教授)らの研究グループは、同市の香(こう)製造・販売会社「天年堂」と消臭剤メーカー「アカル」が共同開発した香に…

ホワイトノイズは喧騒をかき消す自然音のこと。

雑音で眠れないなら、睡眠用イヤホンで外部の音を遮断し、ホワイトノイズ(自然界にある音)を聴くことで眠りやすくなるかもしれません。

静かじゃないと眠れない人もいれば、多少うるさくても気にならない人もいるため、個人差はありますね。

安眠に役立つ「ホワイトノイズ」とは? アプリや専用機も続々
あえて雑音を流すことで、集中力を高めたりリラックス効果を引き出したりする。そんな手法が密かな人気を呼んでいる。「ホワイトノイズ」と呼ばれる種類の雑音を聴くことで人間は気が散りにくくなり、スムーズな眠りにもつながるという。専用アプリなどが開発され数百万ダウンロードの人気を見せる一方、使用には注意点もあるようだ。ホワイトノ...

深い眠りは寝具選びも重要

枕やマットレスなどの寝具は、体に合わないと違和感があって、入眠を妨げてしまいます。

硬さや柔らかさには好みがあるでしょう。でも体格(骨格)に対してベストな物を選ぶべきです。体が歪んだ状態で楽な姿勢とは、歪んだままの状態でいることですから……。

パジャマも同じこと。通気性が良く肌触りが良いものがベスト。

パジャマで得られる睡眠効果【寝つきが悪い方必見!】|着ごこち+プラス|GUNZE(グンゼ)
パジャマで得られる睡眠効果【寝つきが悪い方必見!】|「着ごこち+プラス」は、インナー・肌着のGUNZE(グンゼ)が“衣類に関する豆知識”や“毎日の暮らしに役立つヒント”をお届けするサイトです。お客様の生活に「プラス」をお届けできるお役立ち情報をご用意しております。.

室内の空気を快適にする

室内の空気を正常に保つのは大切なこと。

花粉症やハウスダストを軽減するため、空気清浄機やエアコンの設置はマストです。室内の温度と湿度にも気を配りましょう。一般的に25度前後で60%程度が最適といわれます。

眠る前から光を遮断する

スマホなど電子端末のブルーライトは、間近で見るほど体が覚醒します。

光は目だけでなく、肌でも感知しているため、眠りたいなら室内を真っ暗にするのがベスト。もしくは暖色系ライト(ロウソク程度)にしましょう。

逆に、光は目覚ましに活用することもできます。

窓が少なかったり方向が悪いマンションなど、陽光が入ることが期待できないのなら、朝の目覚ましで光るアラームを活用しましょう。音よりも目が覚めやすく、睡眠リズムの形成に役立ちます。

入眠を助けるアイテムは在っても損は無し

7つを紹介しましたが、ひとつひとつ試してみましょう。

それで眠りが改善するか、自分に合っているかを確認しながら、試すことが重要です。いきなり全部そろえても、体が追いつかないと思われます。

お手軽に始めれるのがアロマオイルかな。

今なら100均でも購入できるし、専用スタンドがなくても、ティッシュに1滴しみこませて枕元に置くだけでも効果は期待できます。

コメント